信託財産および投資一任口座に係る一括注文について

基本的な考え方

当社が運用を行う複数の投資信託財産について、原則として売買条件(対象有価証券の種類および銘柄、売り・買いの別、取引種類ならびに執行価格または価格帯をいいます。)が同一である売買注文を一括して発注します。また、その場合、当社では、投資信託財産と投資一任契約に係る運用財産を一括して発注します。一括発注を行なった取引については、平均単価(約定日・受渡日が同一の取引につき、銘柄毎・売買別に、単価の異なる複数の約定の金額を合算し、約定株数で除して求めた平均単価)により約定および決済します。また、外部委託先が発注する取引については、外部委託先のルールに基づくものとします。

 

対象有価証券及び対象取引

一括発注の対象となる有価証券は、当社が発注する取引のうち取引所金融市場及び店頭売買金融市場に上場又は登録されている有価証券とし、対象は現物取引とします。

 

約定結果の配分方法

一括発注において内出来となった場合(総約定数量が総注文数量を下回った場合)は、総約定数量を総発注数量で除した比率を各信託財産の注文数量に乗じて算出し、発生する残余については、比例配分した株数と算出した株数の差が最も大きい信託財産に、最低売買単位ずつ配分します。

 

最良執行の基本方針

市場の状況や価格等を総合的に勘案した上で最良執行を図るものとし、その観点から一括発注を分割して発注する場合があります。ただし、市場の動向あるいは取引の緊急性、運用財産の属性の観点から、一括発注とすることが適切でないと判断した場合は一括発注から除きます。